人材マトリックス

村越 政秋 1994年入社 国際物流事業本部 企画管理部

村越 政秋

夢や希望は、でっかく

Q1:現在の仕事の概要をお願いします。

国際物流の新商品企画立案とお客様の海外進出営業案件のサポートが主な仕事です。

Q2:これまでの成功談、失敗談等エピソードをお聞かせください。

1995年末、三重県で大雪が降りました。交通網は完全に寸断され、道路渋滞は120km。当時、新人配車担当だった私は大混乱しました。何日も帰社できないドライバーやガス欠・食料がなくなったドライバー。全員で彼らのサポートへ向かい、電話片手に一週間泊り込みの対応をしました。何とか帰社したドライバーに、間髪入れず次のオーダー。みな、無言で受け入れてくれました。残った貨物は500台分、到底捌ききれません。年明けお客様への状況報告では、かなりのお叱りを覚悟していましたが、営業から現場まで一体となった当社の対応へ感謝の言葉をいただきました。無我夢中で凌いだ出来事でしたが、その時感じた一体感は今も忘れる事はありません。

Q3:キャリアを振り返って、それは現在のポジションにどのような影響を与えていますか。

現在の仕事で一番大事な事は、企画した物流やお客様の要求される物流をしっかりとイメージできるかということです。私が所属した三重支店では、物流の基本『配送』や『保管』を、国際物流部では、『輸出入通関』や『国際輸送』を経験しました。それらの経験を元に描いたイメージに自らのアイデアと各専門分野の意見を加えて営業提案を行います。様々な職場や仕事を経験する事で、お客様の要望に広く応える事が出来ると思います。

Q4:職場自慢(人物、イベント、設備など)

『世界の方々と仕事をしている』と、ふと感じることの紹介です。日本では年賀状が通例ですが、国際物流部は「クリスマスカード」を世界中の取引先様へ全員のサイン入りで送付します。また、取引先様からは色とりどりのクリスマスカードが届き、少し華やいだ気分になります。

Q5:就職活動中の学生へ応援メッセージをお願いします。

自分が携わりたい仕事へのキャリアプランを、短期と長期で企業の人事担当者と話しあえる事が出来れば、良い仕事選びが出来ると思います。夢や希望は、でっかく持って頑張ってください。

1994年入社
所属
三重支店
鈴鹿車輌係
1998年異動
所属
国際物流部
四日市営業所
1997年昇格・異動 主任
所属
三重支店
四日市営業課第1PDセンター担当係
2004年異動
所属
国際物流部
東京営業所
2006年昇格 係長
所属
国際物流部
東京営業所 所長
2010年異動
所属
国際物流事業本部
企画管理部企画担当(東京)
2011年昇格・異動 課長
所属
国際物流事業本部
国際物流事業部
複合輸送営業所(東京)
所長
2012年異動
所属
国際物流事業本部
国際物流事業部事業
部長付(東京)
2013年異動
所属
生産管理本部
タイ事務所(兼)
Senko Thailand.Co.Ltd 社長
2016年異動
所属
生産管理本部 ASEAN事務所
2018年昇格
部長
センコーグループホールディングス㈱
ASEANエリア事務所
副所長
村越 政秋 1994年入社 国際物流事業本部 企画管理部
MATRIX
村越 政秋 1994年入社 国際物流事業本部 企画管理部