人材マトリックス

長谷川 弘晃 2008年入社 阪神支店 東条営業所

長谷川 弘晃

誠実であり素直であること

Q1:現在の仕事の概要をお願いします。

私の所属する東条営業所は、住宅の資材調達から小運搬構内作業をはじめ、工場間転送、施工現場納入までの住宅物流サービスを一貫で提供しております。その中で私は経理業務と住宅資材メーカー様の配車業務を担当しております。今後はさらに担当業務の枠を広げ、どのような業務にも対応できる力を身に付けたいと考えています。

Q2:これまでの成功談、失敗談等エピソードをお聞かせください。

これまで数々の失敗をしてきましたが、その中でも最も印象に残っているのが工場間のパレット引き取りでの失敗です。通常は工場から他工場に住宅部材を納入し、その復路の荷として空パレットを引き取って来るものなのですが、この日は場内のパレットが不足状態であり、大至急パレットを引き取るようにとオーダーがありました。当時の私はまだまだ配車業務の経験も浅く車輌の手配ができるか非常に不安だったことを覚えています。なんとか車輌の手配ができ安心していましたが、引き取り当日の朝に違うパレットを引き取ってきていることが判明。原因は私の指示不足。その工場には他の部材メーカー様のパレットも数多くあり、どのパレットを引き取ってくるのか指示を出していませんでした。その後は間違えて引き取ったパレットの返却とパレット引き取り便の再手配とで大慌てしました。工場や協力会社の方々に大変ご迷惑をお掛けしてしまい、冷や汗ものの一日でした。

Q3:キャリアを振り返って、それは現在のポジションにどのような影響を与えていますか。

私は「当たり前のことを当たり前にする、またできる」ように仕事をしています。当たり前のことは決して難しいことではなく、やればできることです。上記のエピソードの場合、工場に宛先とご担当者様のお名前を確認し、そして引き取り便の車番を連絡、協力会社にはパレットの形状と工場様から伺った内容を伝えておけば問題ないことでした。そのような当たり前をしなかったがために、起こった失敗です。失敗から学ぶことは成長する為に不可欠だと思います。そういう意味で貴重な経験であり、私の教訓になっています。当たり前にできる枠が増えるということは大きな成長だと私は考えています。

Q4:職場自慢(人物、イベント、設備など)

東条営業所は「人」が自慢です。決して人数は多くないですが、事務所も現場も長年ここで営業所を支えてこられた方が多く、その経験は営業所のピンチを幾度となく救ってきました。私自身も何度も助けてもらっています。そして何より人間味にあふれた方が多いです。困ったことがあれば相談し、みなで解決する。東条営業所はそんな営業所です。

Q5:就職活動中の学生へ応援メッセージをお願いします。

この不況下で就職活動は厳しいようですが、やるべきことは何も変わらないと思います。これから数十年先の自分の将来をどのように設計するのか考え、どういった道を選ぶか決めて下さい。重要なことは「誠実であり素直であること」だと思います。そういう魅力はきっと会社に伝わると思います。頑張って下さい。

2008年入社
所属
京滋南支店
東条営業所
2009年異動
所属
阪神支店
東条営業所
2011年異動
所属
岡山主管支店
岡山営業所
2012年昇格 主任
所属
岡山主管支店
岡山営業所
2018年異動
所属
住宅物流第2営業部
2019年異動
住宅物流営業本部 第1営業部
2020年昇格
係長
2020年異動
マテリアル物流営業本部
住宅物流営業部
第1グループ
長谷川 弘晃 2008年入社 阪神支店 東条営業所
MATRIX
長谷川 弘晃 2008年入社 阪神支店 東条営業所