センコー

   

運輸安全マネジメント

運輸安全マネジメントに係る情報の公開について、貨物自動車運送事業法第24条3項及び貨物自動車運送事業輸送安全規則第2条8項に基づき行います。

安全方針

輸送の安全に関する基本的な方針

「安全に関する基本的な方針」により、各種取組みを実施しています。

安全に関する基本的な方針

【基本姿勢】
  • 私たちセンコーグループは、物流事業の社会的使命を深く認識し、事業活動における安全確保が事業の根幹であることを、全従業員が正しく理解し、安全の向上に寄与する取組みを推進する。
  • 経営トップは、現場からトップまでが一体となって事業活動における安全の確保と安全性の向上に努めるよう積極的に主導する。
  • 安全の基本は、健康な心身であることをセンコーグループで働く者一人ひとりが強く意識し、適切な健康管理を実践する。
【重点施策】
  1. 1. 関係法令を遵守し、社会的責任を果たす。
  2. 2. リスクアセスメントを徹底し、あらゆる安全リスクを低減する。
  3. 3. 健康管理体制の充実と自主健康増進によって「健康障害」を防止する。
  4. 4. 安全衛生活動に関する情報について積極的に公表する。

目標と達成状況

輸送の安全に関する目標及び当該目標の達成状況

2017年度は自動車事故報告規則第2条に規定する交通事故(重大事故)の発生はありません。

  • 2017年度の交通事故は、15件発生しました。
  • 2018年度は、「交通事故ゼロ」を目指します。

組織体制と指揮命令系統

輸送の安全に関する組織体制及び指揮命令系統

管理責任体制 (PDF : 42KB)

輸送の安全に関する重点施策

重点施策

年度重点施策を策定し、以下の項目に取り組んでいます。

2018年度重点施策
  1. 1. 安全衛生マネジメント体制の確立
  2. 2. 安心して働ける企業になるための環境整備
  3. 3. 各種安全関連システムの一元化
  4. 4. アクティブセーフティー技術の積極的導入
  5. 5. 安全技術の継承と学びの機会の創出

安全活動実施状況

輸送の安全に関する計画

輸送の安全を確保するため、計画を作成し、実施しています。

2017年度実施状況
  • 安全特別強化期間を7月、12月の年2回設定し、「追突事故・退突事故・墜転落災害・飲酒残酒ゼロ」を目標に安全取組みを強化しました。
  • センコーグループでは、リスクアセスメント勉強会を全国11箇所で開催し先取りの安全活動を推進しました。
  • 運行管理者研修を4回(5月、10月、11月)開催し、102名が参加しました。
  • 全店専任安全品質環境担当者連絡会を3回(5月、7月、9月)、集合研修を3回(6月、11月、3月)開催しました。
  • 弊社研修施設クレフィール湖東を活用したドライバー安全運転訓練(短期育成2週間・基礎・プロドライバー・トレーラー訓練)を年間を通じて開催しています。
    各支店の安全品質環境担当、安全運転トレーナーが主体となった、地区訓練を年間を通じて開催しました。
    特に、「自転車との接触事故」を重点項目として教育しました。
    また、業務経験年数3年未満の地区訓練対象者には、業態、職場特性に合せ「センコー流」などを参考に内容を構築し教育を実施しました。

輸送の安全に関する予算等の実績額

安全活動計画に基づき実施しています。主なものは下記の通りです。

  • 集合訓練による教育の実施 (ドライバー安全訓練、地区訓練、運行管理者研修等)
  • 安全投資の実施 (新デジタコ導入等)
  • 運転適性検査の実施(一般診断等)
  • 各種安全関係会議の実施(安全衛生委員会、安全会議等)
  • 健康診断の実施(定期健康診断等)
  • 連続無事故無災害表彰(個人安全表彰等)
  • 安全担当等人件費 (安全品質担当、看護職等)

これらをあわせて総額750百万円になりました。

事故、災害の報告連絡体制

事故、災害等に関する報告連絡体制

報告連絡体制 (PDF : 43KB)

安全統括管理者、運輸安全管理規程

安全統括管理者

取締役副社長執行役員
安全品質環境担当
2017年4月1日任命
谷口 玲

運輸安全管理規程

2007年10月1日に制定した「運輸安全管理規程」を2012年6月1日付で改定し、貨物自動車運送事業法第16条第1項に基づき、2013年5月23日近畿運輸局長に「運輸安全管理規程」を届け出ました

運輸安全管理規程 (PDF : 632KB)

輸送の安全に関する教育計画

輸送の安全に関する教育及び研修の計画

弊社教育施設「クレフィール湖東」における体験学習による行動の習慣化を中心としたドライバー、オペレーターの訓練を実施しています。
■ 2017年度実施状況
クレフィール湖東でのドライバー訓練の受講者は、グループ全体で534名です。
また、安全運転トレーナーを講師とした「地区訓練」も各エリアで実施し、1,398名が受講しました。

内部監査と安全実力度評価結果並びに措置内容

輸送の安全に関する内部監査と安全実力度評価

安全活動計画に基づき実施しています。主なものは下記の通りです。

  • 経営者を対象に輸送の安全に関する内部監査を実施しています。
  • 2017年7~8月に、センコーグループの車輌事業所及び倉庫・構内系の244事業所にて安全実力度評価を実施しました。
    これは、真の安全実力度を計り、改善と更なる安全レベル向上を進めるものです。
  • ストロングポイント(事業所の活動で素晴らしいところ)の横展開と改善事項の是正については2017年度活動の中で展開しています。
  • 各支店では、安全衛生委員会において基準以下項目の改善計画の進捗を確認しています。
  • 尚、運輸安全マネジメントの中で、交通事故・労働災害に関するリスクを抽出し、リスクマネジメントを活用しリスクの低減に向けた活動を強化継続していきます。

行政処分

ありません。

MENU

SEARCH